読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大寒

早いもので今年に入り三週間が経ちました。

皆様、寒中見舞い申し上げます。

池田では昨日初雪を観測いたしました。

大寒とは一年の内でも最も寒くなる時期といわれていますが、正に大寒であると身に染みる今日この頃でございます。

さて、巷ではsmapの話でもちきりですね。

人それぞれ立場がありますので、立場立場で実に様々なことを発信しています。

マスコミはマスコミで利益追求のためにおもしろおかしく記事にしますし、事務所は事務所の立場で会社を守りますし、メンバーはメンバーの立場で自分たちを守ります。

誰もが正論で悪くはないのでしょうが、凄い勢いで、すれ違い、空回りをしているように感じるのは私だけでしょうか!?

親鸞聖人の有名なおことばに、「凡夫といふは、無明煩悩われらが身にみちみちて、欲もおほく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおほくひまなくして、臨終の一念にいたるまで、とどまらず、きえず、たえずと」とあります。

私たち娑婆で生きるものを見事に表現してくださっています。

頭では理解しても、できないのが、また人間なんですよね。

そして、妻に一言いわれました。

「あなた、そんなにsmapのニュース真剣にみてるけどsmap好きだった?」と、、、

よくよく考えてみるに、私はsmapがとても好きであることに気づきました。

当たり前のようにsmapが活躍している姿をみて、普段何も思いませんが、いざ解散となれば妙に寂しく思いはじめ、とても気になるのです。

存在とはそういうものですね。普段から当たり前のような存在である家族、友人は当たり前に存在するので普段気になりませんが、実は当たり前の存在が無になってしまうというのが最も大きな悲しみなのかもしれません。

何も人間関係だけではなく、仕事であったり家であったり、私たちは形あるものに凄く敏感に生きています。

今回のニュースで様々な人間関係を想像してしまいました。

そして、最も驚いたのは副社長さんの年齢です。御年89。大正うまれ。

まだまだ現役で第一線で活躍していることに感動しました。

そして父親は真宗大谷派ロサンゼルス別院の職員だったみたいですね。

普段芸能ニュースには無知な私でしたが、何だか勝手に縁を感じました。